1. トップ > 
  2.  ほうえい会スタッフブログ

イメージ

ほうえい会スタッフブログ

月別アーカイブ: 2013年9月

御嶽神社例大祭

2013/09/23

9月22日(日)に友田町にある御嶽神社例大祭に行って来ました。

友田町3丁目に鎮座する友田御嶽神社では、9月の最終日曜日に、友田町郷土芸能保存会によって、獅子舞が奉納されます。一説によると、獅子舞は文明十二年(1480)、僧賢海けんかいが友田山光岸寺を建立した際、獅子の歌を作曲して舞ったのが始まりと伝えられているそうです。
P1020132P1020134

P1020130
お祭り特有のお囃子の音や立ち並ぶ屋台に、ご入居者様も興味津々な御様子でした。
P1020131

匂いに誘われ焼きトウモロコシを買って帰り、お茶の時間に皆で食べました。
P1020135

これからも、ご入居者様にとってグループホームともだが馴染みある生活拠点となるよう、積極的に地域での行事に参加していきたいと考えています。

敬老会(ともだ)

2013/09/18

9月16日(木)、グループホームともだ敬老会を開催致しました。
現在グループホームともだでは、  70代のかた7名、80代のかた9名、90代のかた2名の18名のご入居者様が生活されています。
式典の部では、喜寿と卒寿のかたそれぞれ一名ずつに記念品の贈呈、そしてご入居者様代表挨拶が行われました。普段と違った少し緊張感のある雰囲気のなか、厳かに行われました。P1020091

第二部の開始。
始めに当法人理事長の奥様による琴の演奏。間近で見る、人の背丈ほどありそうな琴、そしてそこから聞こえてくる迫力のある音に、ご入居者の皆様聞き入っていました。
P1020095

続いては職員による出し物。今回は何を行うか考えた結果、皆様が毎週日曜日に楽しみ観ている「のど自慢」をともだで行うことにしました。出場したスタッフのコスチュームや、合格と不合格の鐘の音源を用意し実際ののど自慢のように鳴らしたりと、会場は沢山の笑い声に包まれました。
P1020112
最後には、日の出町を中心に活動されている大正琴扇靖流の皆様による大正琴の演奏。ご入居者様に馴染みのある曲を、歌詞カードまでつけてご用意頂いたので、演奏に合わせて、ご入居者様も一緒に唄うことができました。また、終了後にはアンコールの声もかかるほど大盛況でした。
P1020115

今年の敬老会も大変賑やかで楽しい時間となりました。来年の敬老会も、誰一人欠けることなく同じ顔ぶれで迎えられることを心より願います。
また、今回台風という悪条件の中お越し頂いたご家族、関係者の皆様、心より御礼申し上げます。

  台風18号が本州縦断というこの日、栄光の杜家族懇談会と敬老の日の祝典を行いました。中央線が国分寺で止まってそこからタクシーで駆けつけてくださったご家族様、サンバのブロコ・アーサ・ヴェルヂの皆様、交通事情の悪い中、有難うございます。感謝です。

ロビーはご利用者様の力作の絵手紙、書「萩」、ご利用者様の笑顔の写真の展示にいけばなの花の香りに満ち満ちていました。

敬老会展示

さて、祝典では米寿を迎えられた方11名、白寿1名の表彰がありました。栄光の杜の最高齢者は107歳、100歳の方は2名、90歳以上の方は38名いらっしゃいます。

サンバのリズム、躍動感ある演奏、若さあふれるぴちぴちした踊り手に元気と感動をもらいました。

 

 

敬老会

職員の出し物は、被災地宮古の漁船の大漁旗のはためきを背にした新人職員のよさこいソーラン節でした。若さあふれる、元気いっぱいの踊る姿を見ながら、今年、米寿を迎えられた方がたの青春は終戦後の日本の混乱の時だったんだと思い、感慨深いものがありました。

敬老会

 

また、ほうえい会の永年勤続職員の表彰では今年栄光の杜では3名、グループホームともだでは1名の方が10年永年勤続表彰を受けました。施設開設17年、10年勤続職員は30名(うち非常勤職員8名)になりました。

台風18号について

2013/09/16

9月16日 大型の台風18号の影響により、午前中から昼にかけて風や雨がひどかったですが、

栄光の杜に暮らすご利用者の皆様の生活にはほとんど影響はなく、

予定されていた敬老会も無事行うことができました。

敬老会に参加されたご家族の皆様、お足元の悪い中、参加して頂きありがとうございました。

イメージ