1. トップ > 
  2. ほうえい会概要 >
  3.  概要/沿革/個人情報

概要/沿革/個人情報保護について

法人概要

  • 法人名

    社会福祉法人 ほうえい会

  • 法人認可年月日

    平成7年3月14日

  • 所在地

    東京都西多摩郡日の出町平井3052番地

  • 電話

    042-597-1536

  • FAX

    042-597-1920

  • 理事長

    畠中 己喜男

  • 従業員数

    124名 (平成25年4月現在)

イメージ

イメージ

沿革

年月 ほうえい会の出来事
1995年03月 社会福祉法人ほうえい会設立
1996年04月 特別養護老人ホーム栄光の杜 開設(100床)
ショートステイ(4床)事業開始
2000年04月 介護保険制度開始
栄光の杜指定居宅介護支援事務所 運営開始
介護情報システム導入
2000年08月 近隣三施設による合同第三者委員会設立
2009年10月 高齢者福祉研究大会アクティブ福祉in東京'09
福祉保健局長賞受賞
2010年03月 青梅市地域密着型サービス グループともだ
(2ユニット18名)開設
2012年03月 栄光の杜増改装・大規模修繕工事完了(定員20名増し、定員120名)

個人情報保護について

<個人情報に関する基本方針>

 社会福祉法人ほうえい会(以下「法人」という)は、利用者の個人情報を適切に取り扱うことは、介護サービスに携わるものの重大な責務と考えます。
 法人が保有する利用者等の個人情報に関し適切かつ適切な取り扱いに努力するとともに、広く社会からの信頼を得るために、自主的にルール及び体制を確立し、個人情報に関連する法令その他関係法令及び厚生労働省のガイドラインを遵守し、個人情報の保護を図ることをここに宣言します。


1.個人情報の適切な取得、管理、利用、開示、委託
1個人情報の取得にあたり、利用目的を明示した上で、必要な範囲の情報を取得し、利用目的を通知または公表し、その範囲内で利用します。
2個人情報の取得・利用・第三者提供にあたり、本人の同意を得ることとします。
3法人が委託をする医療・介護関係事業者は、業務の委託に当たり、個人情報保護法と厚生労働省ガイドラインの趣旨を理解し、それに沿った対応を行う事業者を選定し、かつ個人情報に掛る契約を締結した上で情報提供し、委託先への適切な監督をします。

2.個人情報の安全性確保の措置
1法人は、個人情報保護の取り組みを全役職員等に周知徹底させるために、個人情報に関する規則類を整備し、必要な教育を継続的に行います。
2個人情報への不正アクセス、個人情報の漏洩、紛失、またはき損の予防及び是正のため、法人内において規則類を整備し、安全対策に努めます。

3.個人情報の開示・訂正・更新・利用停止・削除、第三者提供の停止等への対応
法人は、本人が自己の個人情報について、開示・訂正・更新・利用停止・削除、第三者提供の停止等の申し出がある場合には、速やかに対応します。これらを希望される場合には個人情報相談窓口(電話042-597-1536)までお問い合わせ下さい。

4.苦情の対応
法人は、個人情報取り扱いに関する苦情に対し、適切かつ迅速な対応に努めます。

なお、この個人情報に関する基本方針は、当法人のホームページ
(施設URL http://www.eikounomori.or.jp)で公表するとともに、要望に応じて紙面にて公表いたします。

社会福祉法人  ほうえい会
理 事 長  畠中 己喜男
介護老人福祉施設 栄光の杜
短期入所生活介護 栄光の杜
栄光の杜  居宅支援事業所
施 設 長 荒 井 典 枝

<個人情報の利用目的>

社会福祉法人ほうえい会では、個人情報保護法及び利用者の権利と尊厳を守り安全管理に配慮する「個人情報に関する基本方針」の下、ここに利用者の個人情報の「利用目的」を公表します。

【利用者への介護サービスの提供に必要な利用目的】

  • 1.施設内部での利用目的
    • 1施設が利用者等に提供する介護サービス
    • 2介護保険事務
    • 3介護サービスの利用にかかる施設の管理運営業務のうち次のもの
      • ・入退所等の管理
      • ・会計、経理
      • ・介護事故、緊急時等の報告
      • ・当該利用者の介護・医療サービスの向上
  • 2.他の介護事業者等への情報提供を伴う利用目的
    • 1施設が利用者等に提供する介護サービスのうち
      • ・利用者の診療等に当たり、外部の医師の意見・助言を求める場合
      • ・家族等への心身の状況説明
    • 2介護保険事務のうち
      • ・保険事務の委託(一部委託含む)
      • ・審査支払い機関へのレセプトの提出
      • ・審査支払い機関又は保険者からの照会への回答
  • 3損害賠償保険などに係る保険会社等への相談又は届出等

【上記以外の利用目的】

  • 1.施設内部での利用の係る利用目的
    1施設の管理運営の業務のうち次のもの
    • ・介護サービスや業務の維持・改善の基礎資料
    • ・施設等において行われる学生等の実習への協力
    • ・施設において行われる事例研究等
  • 2.他の事業者等への情報提供に係る利用目的
    2施設の管理運営業務のうち
    • ・外部監査機関、評価機関等への情報提供

なお、あらかじめ利用者本人の同意を得ないで、利用目的の必要な範囲を超えて個人情報を取り扱うことはいたしません。

社会福祉法人  ほうえい会
理 事 長  畠中 己喜男
介護老人福祉施設 栄光の杜
短期入所生活介護 栄光の杜
栄光の杜  居宅支援事業所
施 設 長 荒 井 典 枝

尚、当ホームページに使用している写真はご本人、ご家族の承諾を頂いております。

身体拘束廃止について

<身体拘束廃止について>

1、目的
栄光の杜では「介護保険指定基準においての禁止の対象となる具体的行為」に基づき、ご本人又は他利用者等の生命又は身体を保護するため緊急やむを得ない場合を除き、以下の行為を行わないことを目的とする

① 動けないように体幹や四肢をひも等で縛る
② 自分で降りられないようにベッド柵をサイドレールで囲む
③ 手指の機能を制限するミトン型の手袋等をつける
④ 立ち上がる能力のある人の立ち上がりを妨げるような椅子を使用する
⑤ 脱衣やオムツ外しを制限するために、つなぎ服等を着せる
⑥ 行動を落ち着かせるために、向精神薬を過剰に服用させる
⑦ 自分の意思で開けることのできない居室などに隔離する

2、内容
身体拘束を行う場合には、理由、対応内容、改善計画を記録し、ご家族の了承を必要とする。その際、以下の手順を行う

① 身体拘束検討委員会(事業計画書参照)にて具体的対応の検討と改善計画作成を行う
② ご家族に改善計画書(様式-S1)の了承をもらう
③ 改善計画に基づき、実践ならびに評価、記録を行う
④ 改善が図れた時点で、ご家族の確認を頂く

3、情報公開
身体拘束については事業報告書にて、件数、理由、内容、改善の有無を報告する