1. トップ > 
  2. ほうえい会概要 >
  3.  理念/理事長あいさつ

理念/理事長あいさつ

わたしたちの理念 ご利用者様の尊厳を守りその人らしく生活が送れるよう支援する

理事長あいさつ

社会福祉法人ほうえい会は1995年に設立し、1996年4月に特別養護老人ホーム、ショートステイ事業所を開設し、2000年の介護保険制度発足時に居宅介護支援事業所を開設、2010年に認知症高齢者グループホームを開設し、運営しています。開設当初より、法人の理念である「ご利用者様の尊厳を守り、その人らしく生活が送れるように支援する」の実現に向けて取り組んできました。
介護保険制度により措置制度から契約制度へ、高齢者福祉の分野も変革が進み、様々な対応が必要とされてきました。そのような状況を踏まえ、2000年8月に近隣の特別養護老人ホーム3事業所で各分野における有識者の方々を迎えて第三者委員会を設置し、ご家族、ご利用者様の苦情等に対応しています。
私たちは開設当初より法人理念の実現のためにお一人おひとりの尊厳を守り、安全で安心して生活が送れるように生活支援を行ってきましたが、よりお一人おひとりの個別性を尊重した生活支援を行うために、2003年からグループケアを実施し、より詳細に状態把握を行い、それに基づいた生活支援を行っています。
もう一つ大事にしていることは、地域の中の事業所であるということです。事業所を運営していくうえで地域の皆様のご理解とご支援が必要不可欠です。そのために自治会に加入し、清掃作業、諸々の行事等に参加し事業所の納涼祭には地域の皆様に参加していただくなど、地域交流活動を積極的に行っています。
高齢化社会が急速に進むなかで私たちは地域の高齢者福祉に貢献するためにその役割を担って行きたいと考えております。今後ともほうえい会へのご理解とご支援をお願い申し上げます。

畠中 己喜男

社会福祉法人 ほうえい会
理事長

畠中 己喜男